Harmony Japan

ニュース

2018/09/14 【ディズニー・オン・クラシック ニュース】 指揮者ブラッド・ケリー、いよいよラストツアー!「ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会 2018」



 
2002年の第一回目より指揮・編曲を務めてきた、ディズニー・オン・クラシックの顔、ブラッド・ケリー氏が、2018年9月〜12月に開催される全国ツアーをもって、本公演の指揮者を勇退することを発表いたしました。
ブラッド・ケリー氏は、東京ディズニーシー®️テーマソングや、ショーの音楽を手掛け、2001年に行われた東京ディズニーシーのグランド・オープニングで指揮も務めたディズニー音楽のエキスパート。
今後、ジャズを中心とした新しいディズニーコンサート「ディズニー・ワールド・ビート!」の本格始動に向けて準備を進めており、2019年4月、東京・名古屋・大阪で開催を予定しています。

なお「ディズニー・オン・クラシック」の新しい指揮者には、ニューヨークを中心に、指揮者、編曲者、ピアニスト、俳優として幅広く活躍しているリチャード・カーシー氏が就任。
リチャード・カーシー氏は、ミュージカル『オペラ座の怪人』のブロードウェイ公演および全米ツアーの指揮者を務めるほか、数々のブロードウェイ・ミュージカルの音楽監督や、オーケストラを指揮した経験を持っており、2016年からは、「ディズニー・オン・クラシック」のヴォーカリスト達の歌唱指導も担当しています。
 
ブラッド・ケリー氏のラストツアーとなる今年は、「Find Your Hero 〜そして君のもとへ」をテーマに、映画『ヘラクレス』をメイン演目としてフィーチャー。
 
感動のラストステージを一緒に盛り上げましょう!
 
 
→ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会 2018

-
-