Harmony Japan

ニュース

2017/06/02 【『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』フィルム∞オーケストラ】 大人気、5つの魅力!『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』 フィルム∞オーケストラ


フィルム・コンサートとは、映画を大スクリーンに映し出し、生演奏の音楽で楽しむ贅沢なコンサート。セリフや効果音はそのままに、劇中に流れる音楽をステージ上のオーケストラが生演奏するというもので、いま欧米のエンターテイメント業界では一大トレンドになっています。ここ数年、日本でもさまざまなフィルム・コンサートが開催され、人気が拡大するなか、海外で大絶賛を浴びた『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のフィルム・コンサートが、ついに日本初上陸!『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』フィルム∞オーケストラ」と題し、この夏、全国で15公演を行います。
 

 
ファン必見!『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』フィルム∞オーケストラ5つの魅力!
 
●この夏、もっとも旬なプログラム!
2003年、全世界でセンセーションを巻き起こした映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』。ジョニー・デップ演じる孤高の海賊、ジャック・スパロウの強烈なキャラクターが人々を魅了し、大人気シリーズへと発展しました。7月1日(土)より全国でロードショー公開される『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』では、ジャックの宿敵バルボッサはもちろん、かつてジャックと冒険を共にしたウィルとエリザベスがカムバック。そのストーリーをより楽しむためにも、原点となった1作目の『呪われた海賊たち』は、ぜひ見直しておきたいところ。すでに何度も観たというファンの方でも、この《フィルム∞オーケストラ》なら、通常の映画鑑賞ではけっして得られない新鮮な感動を味わっていただけることでしょう。
 

 
●まさにフィルム・コンサート向けの作品!
『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』の大きな魅力となっているのが、ハンス・ジマーがプロデュースし、クラウス・バデルトが作り上げた音楽。勇壮でダイナミック、冒険心をかき立てる音楽は、単なるバックグラウンドミュージックの枠を超え、ジャック・スパロウにも負けないほどの存在感を放っています。手に汗握るアクションと一体化した音楽が、巨大スクリーンに映し出される映像とともにフルオーケストラの生演奏で奏でられる、その迫力と臨場感は格別!
また映画としての知名度だけでなく、音楽自体がよく知られているかどうかが、フィルム・コンサートの盛り上がりを左右する重要なポイント。心躍るテーマ曲「彼こそが海賊」を始め、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの音楽はテレビ等で使用される頻度も高く、耳なじみのあるメロディの宝庫。しかも、ライブ映えするかっこいい楽曲ぞろいで、フィルム・コンサートに ぴったりの作品です。
 
●海外で話題沸騰!待望の日本初上陸
本コンサートは2011年からアメリカ/オーストラリア/ヨーロッパ各国で開催され大好評を博しており、今後も世界各地での公演が予定されています。海外公演では、「これまでに観たフィルム・コンサートのなかでも最高!」「この映画のファンなら絶対に行くべき」といった絶賛の声が寄せられ、日本上陸が待たれていました。
なお日本では、今年で15周年を迎えるコンサートツアー《ディズニー・オン・クラシック》の演目のひとつとして、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのダイジェスト版が演奏されたことがあり、毎年リクエストが絶えない人気の演目になっています。映像をともなったフルバージョンでの演奏は、日本のファン待望の企画といえます。
 

 
●ライブならではの楽しさが味わえる
まるで本当に映画館で観ているみたい———フィルム・コンサートでたびたび耳にする感想ですが、これではオーケストラを生で聴く意味がありません。映像と音楽を完璧にシンクロさせることは大前提ですが、この《フィルム∞オーケストラ》が目指しているのは、ライブならではの高揚感と楽しさが味わえる唯一無二のコンサートイベントであること。ステージいっぱいに広がるフルオーケストラが目の前で演奏する迫力と豪華さを存分にお楽しみいただけるよう、編成や演出にも工夫をこらしています。単なる演奏つきの映画上映会ではなく、映像と音楽を通して『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界を体験していただくイベントです。
 
●日本初、映画と音楽を“サラウンド体感”!
7月1日・2日に東京国際フォーラムで行われる2公演は、「サラウンドサウンド・スペシャル」と称し、25台を超えるスピーカーが客席を囲み、“立体的”で“臨場感”にあふれた音像空間を演出する国内初の試みで注目を集めています。また、東京芸術劇場(東京都・豊島区)、みなとみらいホール(神奈川県・横浜市)、所沢市民文化センターミューズ(埼玉県・所沢市)の3会場では、弦楽器を増員したオーケストラ編成で、クラシック専用ホールの美しい響きを堪能できる「クラシックホール・スペシャル」のコンサートになっています。
7月~8月、全国で15公演開催!ぜひ会場で『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界をご堪能ください!
 
→『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』フィルム∞オーケストラ
 
※画像はイメージです。

-
-