Harmony Japan

ニュース

2022/09/12 【ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2022】 20周年全国ツアーが開幕!3年ぶりの来日キャストで贈る2つのメイン演目! 「ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会 2022」

Pocket


 
ディズニー・アニメーションや映画、テーマパークの音楽を、オーケストラとヴォーカリストの生演奏でお贈りする大人のための音楽会、「ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会 2022」。
20周年を迎える今年は、公演日によって異なる2つのメイン演目、『塔の上のラプンツェル』と『ノートルダムの鐘』を第2部で全編フィーチャー!9月10日(土)・11日(日)東京・J:COMホール八王子でのプルミエ公演を皮切りに、12月25日(日)まで、全54公演・37都市をめぐる全国ツアーが開幕!
 

 
オープニングは、あの曲!
2002年初開催の1曲目にも演奏された東京ディズニーランド®️「ディズニー・ファンティリュージョン!」より“フェアリー・ガーデン”。ディズニー・オン・クラシックではお馴染みの曲を、20年間を振り返る映像と色鮮やかな照明演出で、アニバーサリー公演の幕開けを盛り上げます。指揮者リチャード・カーシーとオーケストラ・ジャパンの、3年ぶりとは思えぬほど息が合った共演に、胸が熱くなります。
 
公演中に演奏曲が決まる“20th セレブレーション・ルーレット”
<プロデューサーズ・チョイス>と<パーク・セレクション>からルーレットで決まった1曲ずつが演奏されます。
開幕前に行われた2日間の公開リハーサルでは、<プロデューサーズ・チョイス>から『ハイスクール・ミュージカル』より「みんなスター!」と『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』より「愛の導き」、<パーク・セレクション>から2日連続で東京ディズニーシー®️「レジェンド・オブ・ミシカ」より“レジェンド・オブ・ミシカ第6章フィール・ザ・ラブ”が選ばれ、ニューヨークで活躍しているヴォーカリストの、パワフルなダンスと伸びやかな歌声に魅了されます。出演者にとってもゲストにとっても、ドキドキ・ワクワクのルーレット企画をお楽しみください。
 

 

 
“ベスト・オブ・ファンリクエスト”はゲストからリクエストの多かった3曲
ケイティ・トラビスがチャーミングに歌う『リトル・マーメイド』より「パート・オブ・ユア・ワールド」、アルマンド・ロンコーニがソリストを務める東京ディズニーシー®️「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」より“コンパス・オブ・ユア・ハート”、実写版『アラジン』より「スピーチレス〜心の声」では、トリシア・タンガイが弱さと強さを歌い上げます。
 

 

第1部の最後は、『メリー・ポピンズ』組曲
ケイティ・トラビスによる「お砂糖ひとさじで」、「2ペンスを鳩に」、アーロン・ヤングが歌う「タコをあげよう」、「チム・チム・チェリー」、「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」といった魅力がぎゅっとつまった組曲を、オーケストラとヴォーカリストのパフォーマンスでご堪能ください。
 

 
第2部は、公演日によってことなる2つのメイン演目
Aプログラムは『塔の上のラプンツェル』、Bプログラムでは『ノートルダムの鐘』を全編フィーチャー。
『塔の上のラプンツェル』では、「自由への扉」や「お母様はあなたの味方」、「誰にでも夢がある」、そして「輝く未来」など、ユーモアでありながら心に残る音楽を、ケイリー・ルビナッチオ(ラプンツェル役)、アルマンド・ロンコーニ(フリン・ライダー役)、トリシア・タンガイ(ゴーテル役)を中心として、全23曲をお届けします。
『ノートルダムの鐘』では、タイトル曲をはじめ、「僕の願い」や「トプシー・ターヴィー」、「ゴッド・ヘルプ」、「罪の炎」などを、パトリック・ブレイディ(カジモド役)、トリシア・タンガイ(エスメラルダ役)、デイロン・ヒープ(フロロー役)、アルマンド・ロンコーニ(フィーバス役)が個性豊かに歌い上げます。
“ディズニー・レジェンド”作曲家アラン・メンケンよる名曲の数々を、オーケストラの重厚かつ繊細な響き、ヴォーカリストたちの歌声とパフォーマンス、スクリーンの映像と照明演出でたっぷりとお贈りします。
 

 

 
今年のテーマである「Infinite Love ~輝きの未来へ」には、“純粋な愛が導く未来は、輝きにみちている”というメッセージが込められています。20年という節目を迎え、ゲストの皆様への感謝、そして新たな一歩を踏み出すディズニー・オン・クラシック。音楽と物語のまほうを、ぜひ会場でご体感ください。
 
→ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2022

-
-