Harmony Japan

ニュース

2022/08/08 【ディズニー・ワールド・ビート 2022】 3年越しの開催!「ディズニー・ワールド・ビート 2022」 開幕レポート♪

Pocket

「ディズニー・ワールド・ビート」は、ウォルト・ディズニーが愛した<ジャズ音楽>を、ディズニー音楽のエキスパート ブラッド・ケリー率いるビッグバンドでお贈りするコンサート。
「JAZZ ANIMALS〜夢を奏でる動物たち」をテーマに、11都市14公演をめぐる全国ツアーが、8/5(金)東京・サントリーホールでのプルミエ公演を皮切りに、ついに開幕!
 

 
17名のバンドメンバーがステージに入場すると、ドラムの加納樹麻がリズムを刻みはじめ、そのリズムは会場に広がります。そして、3年ぶりの来日となるバンドリーダー&音楽監督のブラッド・ケリーが登場すると、演奏がスタート!オープニングを飾るのは、誰もが一度は聞いたことがある『ピーター・パン』より「右から二番目の星」と、『ラマになった王様』より「ラン・ラマ・ラン」。
その軽快なビートに、自然と身体が揺れ動きます。トランペットやトロンボーン、サックスが奏でる突き抜けるようなサウンド、そして、ビッグバンドを支えるピアノやギター、ベース、ドラムのリズムとハーモニー、多数の打楽器を自由自在に操るパーカッションに、惹きつけられること間違いなしです。
 

 
今回は、日本語でのMCにも挑戦するブラッド・ケリー。ゲストへの挨拶に続き、『アナと雪の女王』より「あこがれの夏」、『メリー・ポピンズ』より「チム・チム・チェリー」、『ミラベルと魔法だらけの家』より「秘密のブルーノ」、『リトル・マーメイド』より「パート・オブ・ユア・ワールド」を、ロサンゼルスから来日した4名のヴォーカリストがパワフルかつ繊細なハーモニーで歌い上げます。


 

 

 
第一部の最後は、ブラッド・ケリーが「ディズニー・ワールド・ビート」を始動するきっかけとも言える作品、ディズニー&ピクサー『Mr.インクレディブル』スペシャル・メドレー。“作曲家 マイケル・ジアッジーノの音楽は、ワクワク・ドキドキがいっぱいです!”と語り、スリリングでスピード感のある演奏を披露。
 

  
第二部は、本公演のテーマ「JAZZ ANIMALS」に焦点をあてたプログラム。『ドナルドのダンス大好き』の、音楽はもちろん、効果音も映像とぴったりシンクロする演奏は必見です。
 

 
続く『ライオン・キング』より「王様になるのが待ちきれない」や、『おしゃれキャット』より「みんなネコになりたいのさ」、『プリンセスと魔法のキス』より「もうすぐ人間だ」など、それぞれの世界観を、ブラッド・ケリー創作のポエムと共にたっぷりとお贈りいたします。
 

 

 

 
1998年から毎年来日し、“第2のホーム”である日本で再び演奏することを、とても楽しみにしていたと、ブラッド・ケリー。毎日2時間のトロンボーン練習をかかさず、日本語でのMCの練習にも励んだという彼の公演にかける想いは、はかりしれません。
“JAZZを知らない人にこそ、楽しんでもらえる公演にしたい”と全国ツアーへの意気込みを語っていました。
 

 

 
<コンサートグッズ>
プログラムや出演者、ジャズの魅力がつまったパンフレットをはじめ、Tシャツやトートバック、夏らしいポーチやフェイスタオルなど、コンサートがより楽しくなるオリジナル・グッズは、会場&WEBにて発売中!
 
公演は8/28(日)まで、新潟・神戸・大阪・名古屋・香川・静岡・福岡・東京、全国を巡ります。
≪チケット好評販売中!≫ 皆さまのご来場を、お待ちしております。
 
→スケジュール&チケット情報をチェック!
→「ディズニー・ワールド・ビート 2022 : JAZZ ANIMALS〜夢を奏でる動物たち」

-
-